せどり 初心者

せどりで稼ぐコツとは?

せどりイメージ画像

初心者でも手軽に始められる副業としてせどりをする人が増えていますが、安定して稼いでいくにはそれなりの稼ぐコツを身につけていく必要があります。仮にせどりをする商材が古本の場合、多くの人が扱っている本を転売に出したところでその本が実際に売れる確率はかなり低いものになってきます。同じ商品が市場に多く出回っている場合、消費者はより値段の安い商品を選ぶ傾向があるからです。他の出品者よりも商品価格を下げるのは、せどりでの仕入れの原価を考えると限界があります。
時には一回の出品で大きな儲けがでる事もありますが、常にそれを狙うのは現実的なものではありません。そのようなお宝はあまり市場には出回っておらず、それゆえにお宝なのです。
ですから、せどりで息の長い稼ぎをしていくならば、少しの稼ぎを積み重ねていく薄利多売の方法を続けていく事を心掛けていきましょう。そのためには一度購入をしてくれたお客さんが、またあなたのところで買いたいと思ってくれる事が大事です。そうやってリピーターがつくようになれば、わずかながらでも稼ぎは安定していくはずです。幅広い分野の本を取り扱うよりも自分の得意分野を専門的に取り扱ったほうが、自分自身の知識も増えていきますし、その分野の本を探している人が興味を示してくれる確率も高くなります。
稼ぐコツは色々ありますが、その内容は人によって異なってきます。せどりをしている人たちは試行錯誤を繰り返しながら、自分だけの稼ぐコツを身につけています。まずはあまり儲けを優先するのではなく、楽しみながら自分流の稼ぐコツを磨いてみてはいかがでしょうか。


せどりを始める時に用意するもの:ネット環境編

せどりを行うにはインターネットが必須となります。
それは店舗の場所や商品価格あるいは現在の売り上げ上位のアイテム等を調べる必要があるからです。

 

これまでネットやせどりを全くしたことがない方にもわかりやすく説明をすると、ネット環境は常時接続を基本としたプランを選びパソコン1台と携帯を1台、携帯はできればスマホが良いでしょう。

 

そしてネット環境にお金をかけることができる人はパソコン用の回線とスマホで計2本の回線にします。お金をかけられない人はテザリングサービスを提供しているスマホのサービスに加入すれば1本分の契約でパソコンもスマホもネットができますが、PC用の光回線などと比較すると速度が劣ります。

 

それでは実際にどういった物をネットで調査、検索するのかを説明します。

 

せどりを行うにはまず中古の本やDVD,ゲームといった商品を安く販売しているお店を探すのが最初の一歩です。例えば自分の住所の一部と古本という2つのキーワードで検索すると古本の販売や買取をしている近所の店名が表示されると思うので、お店の場所だけでなくネット上のクチコミを参考にするのも良いでしょう。また販売ランキングを見て売れている商品や価格をチェックします。

 

次に実際にお店に足を運んだとします。
店頭で手にとった商品はどれくらいの相場が普通なのかを調べるには携帯やスマホが必要です。それらがあれば店内で実物の商品と販売価格を見ながら、手元のスマホでネットでの最新の価格を確認し「利ざや」が出ると判断できればそのまま購入。こうすることで仕入れミスを防ぐことができます。

 

このようにせどりで利益を上げるには、事前の調査と現地での調査というダブルでリスクを減らす必要があり、その為には自分のネット環境を整備しておく必要があります

せどりを始める時に用意するもの:保管場所編

せどりは、販売在庫を多く抱える事と、商品の仕入れコストを出来る限りおさえる事で、利益を出します。初期投資のコストとして、仕入れは必要不可欠ですが、在庫の保管場所として、場所代もコストに含まれます。
持ち家のスペースを、商品の保管場所とする方でも、品質管理を怠れば、状態が悪くなり、せどりが不利になりますので、日当たり風通し湿度管理といった商品のコンデション維持が必要になってきます。
レンタルスペースなどの保管場所で、管理条件を満たせるスペースを利用する選択肢もありますが、せどりによる利益から、レンタルスペースの月極め賃料と生活費を引いてプラスにならなくては、ビジネスとして踏み出す事も出来ません。
せどり商品の販売価格は極端に変動するものもあり、利益を出す事のできる商品リストが作成できない期間では、自宅を兼ねた在庫保管場所での、せどり運営が必要不可欠になります。
また、せどりは、買手が見つかってから商品発送までの期間を、短時間で処理する事により、トラブルを少なくする事が出来ますので、仕入れ在庫管理、出品や商品発送は、ひとつの場所に集中させたほうが、有利です。将来的には、膨大な在庫の保管場所が必要になることが予想されますし、対応する手間も比例して大きくなりますから、仕入れと在庫管理、商品のピッキングと梱包発送といった個々に性質の異なる作業も、在庫保管場所を中心に、分業化を図ったほうが効率的です。

 

コラム:30日間で100万円せどりで稼ぐ方法

せどりを初めてなかなか副業しながら稼げないと困っている方も多いのでは?そんな時におすすめのサイトが「せどりチャンネル」
30日で100万円以上稼いでいる方法が詳しく紹介されています。
URL⇒http://sedorichannel.com/
参考⇒せどりチャンネル

せどりとは

せどりとは、古本屋さん等で古本、中古のCDやDVD、或いは中古のゲームなど、中古品を購入してきて、インターネット・オークション等で販売することにより、売値と買値の差益で儲けを出す商売のこと、或いはそのような商売をしている人のことを指します。
簡単に言えば、古本屋さん等から掘り出し物を安く見つけてきて、それを相場の価格で売り、差額を稼ぐことや稼ぐ人のことを言います。インターネットが普及する前までは、せどりはかなり古本に精通したプロでなければ難しかったのですが、インターネットの普及により、一般の方でも手軽にせどりを始めることができるようになりました。
その理由は、インターネットの情報により、レアなアイテムや高く売れるアイテムの情報が手軽に手に入るようになったことと、インターネット・オークション等を利用することで、自分で直接品物を販売することができるようになったことによります。
また、大手新古書店の存在が、せどりを身近にし、やり易くなった要因の一つです。新古書店の値付けの基準は、従来の古本屋さんとは全く異なります。新古書店の価格の基準は、汚いか奇麗か、発行年度が新しいか古いか、です。
古本等の個々の希少性などは全く考慮されていません。そうして、高く売れる本等は、発行年度が比較的古いものが多い為、新古書店などで見つかる掘り出し物は、大体が100円コーナーで見つかります。せどりにとって新古書店の100円コーナーはまさに宝の山と言うべきものです。


このページの先頭へ戻る